あごニキビに効く※口コミ売れ筋ランキング

あごニキビは治りにくいため、自宅でのセルフケアではいつまでも改善できないという人もいるかもしれません。

そのため、皮膚科などの医療機関で専門的なケアを受けることもできます。

 

通常の医療機関では、ニキビが炎症を起こして症状がひどくなっている場合、抗生物質やステロイドを用いる治療が一般的です。
これらの治療法は、炎症を鎮めるには有効ですが、ニキビが発生すること自体を防ぐことはできません。
ニキビの発生を抑制するためには、皮膚科医院への受診で、ホルモン治療によって男性ホルモンを抑制し、角栓の発生や過剰な皮脂分泌など根本的な肌質をニキビができにくいものへと変えていくのが有効です。
医療機関によってはケミカルピーリングといった施術を推奨しているところもありますが、角質層を溶かす過程があるため、一時的に肌のバリア機能を弱くしてしまい、敏感肌の人にとっては逆効果になるリスクが伴います。

 

ホルモン治療があごニキビの治療や予防に有効なのは、あごが男性ホルモンの影響を受けやすい部分だからです。
これは、男性のあごにひげが生えることからもわかります。
男性ホルモンが多く分泌される状態では、皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴を詰まらせる角栓が発生しやすくなります。
男性はひげが伸びる際に皮脂が押し出されますが、女性はひげが生えませんし毛穴も男性より小さいため皮脂や角栓が内部に溜まりやすいのです。
男性ホルモンは、名前に男性とついていますが男性特有のものではありません。
ですから、男女関係なく男性ホルモンを抑える治療がニキビ治療に有効なのです。