あごニキビに効く※口コミ売れ筋ランキング

あごニキビは、思春期よりも大人になってからできやすい大人ニキビのひとつです。

大人ニキビは、思春期ニキビとは原因から違うため、その対処法も変わってきます。
胃腸の調子が悪いと、肌荒れの原因となり、ニキビもできやすくなってしまいます。
胃腸と肌荒れに直接的な関係はありませんが、さまざまな要因から間接的に肌荒れを引き起こす原因となるようです。

 

胃腸のはたらきが悪くなっていたり、下痢をしていて腸が荒れていたりすると消化不良が起こります。
正常な消化ができないと不要物が胃や腸に毒素となって残留し、その毒素が体内にまわってしまう場合があります。
この毒素を体外に排出する際に毛穴がダメージを受けることがあり、そのせいでニキビができやすくなるといわれています。

 

また、胃腸は敏感な器官なので、ストレスや疲労などの影響によってすぐに変調をきたしてしまいます。
胃腸が弱ってしまうと、消化吸収力が衰えます。
すると、栄養を十分に吸収する力がなくなれば、ニキビができやすくなります。
食事の際には早食いや食べ過ぎに気をつけ、呼ぶ貸しを避けるなどの規則正しい生活を心がけることで、心身にストレスがかからないようにしましょう。

 

さらに、便秘や冷えも胃腸が弱まる原因となります。
夏場には、クーラーの使いすぎや冷たいものの摂り過ぎで体を冷やしてしまい、下痢になって腸に負担がかかる場合があります。
それとは反対に便秘が続くと、体の中に毒素が溜まってしまい、胃腸の動き自体が悪くなりニキビの間接的な原因となります。