あごニキビに効く※口コミ売れ筋ランキング

あごニキビの大きな原因のひとつとして、ホルモンバランスの変化が挙げられます。

大人ニキビが治りにくく繰り返しやすいのは、長年の生活習慣で乱れたホルモンバランスを整えるのは大変だからという面もあります。
女性の場合、ホルモンバランスは生理周期によって大きく左右されるため、あごニキビができやすい時期があります。
特に、妊娠中は女性ホルモンのバランスが大きく変化するといわれており、あごニキビに限らず、さまざまな症状が起こります。

 

女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが分泌されています。
エストロゲンは、美人ホルモンとも呼ばれていて、皮脂を抑制したり美容効果の高いホルモンです。
反対に、プロゲステロンはむくみやすく皮脂の分泌を増やすため、肌の状態が悪くなりニキビができやすくなります。
妊娠初期には、このプロゲステロンの分泌が活発になります。
男性ホルモンに似たはたらきをするプロゲステロンが増加することによって、妊娠中は、男性ホルモンの影響が大きく関わるあごニキビができやすくなるのです。

 

しかし、妊娠中にできるあごニキビは一時的にできやすくなるだけで、妊娠中期を過ぎるあたりからホルモンバランスの乱れもおさまってくるため、自然とあごニキビは治ります。
妊娠中のあごニキビは、軽微なものであれば簡単なセルフケアで乗り切りましょう。
ただし、痛みを伴うニキビや、たくさんニキビができて痕になりそうなら、食事内容に気をつけることであごニキビを改善する方法が最適です。
妊娠中は、強い薬の服用は避けたいので、ビタミン類やミネラルをたっぷり食事から摂るように心がけましょう。