あごニキビに効く※口コミ売れ筋ランキング

あごニキビは、治りにくい大人ニキビのひとつで、繰り返しニキビができやすい部分です。

その原因は、ホルモンバランスや、男性の場合はひげ剃りによる刺激などがあります。
あごニキビができてしまったら、原因から改善して治すのが一番ですが、ニキビがそれ以上悪化しないように気をつけるべきこともあります。

 

最近では、職業柄マスクを使用する人以外でも、日常的にマスクを使っている人が目立つようになりました。
花粉症の人は以前からマスクを使用することが多かったようですが、メイクをしていない顔を隠すためや、おしゃれマスクまで出てきて、マスクの需要は高まっています。
しかし、ニキビができているのにマスクを使用していると、物理的な刺激が悪影響を与えてしまいます。

 

マスクをすると、どうしても肌に擦れてしまうため、摩擦が肌にダメージを与えます。
このダメージによって、肌荒れやかゆみを引き起こすことがあり、その結果ニキビが悪化してしまうケースが考えられます。
通気性が悪いマスクは、呼吸をするごとにマスクの内側がムレて雑菌の繁殖しやすい環境になっています。
マスクによってニキビの治りが遅くなるのは、この通気性の悪さが原因です。

 

どうしてもマスクが必要な場合には、マスクの素材や形、サイズに気をつけて購入しましょう。
布タイプよりも使い捨てタイプで頻繁に交換できるものや、マスクがニキビに当たらないような大きめや立体のもの、柔らかいものを選ぶなどの工夫が必要です。